アトピー体質だけどバルクオムを使って大丈夫か?

MENU

アトピー性皮膚炎の方がバルクオムを使用しても、基本的には大丈夫です。

バルクオム

アトピー性皮膚炎の方は、皮膚が炎症を起こしたり乾燥して皮膚がむけたりするもの現象を多く伴います。

 

皮膚の表面は乾燥してしまい、刺激物などに過度に反応します。

 

アトピーは、日本語になおすと免疫不全というもので、腸内環境に起因します。

 

腸内には菌が繁殖しており、この菌の割合で、当人の腸からの吸収率が変わります。

 

アトピーの人は腸内の悪玉菌の割合が高いので、人よりも腸の吸収率が高くなっている場合が多いです。

 

理想的な菌の割合は、善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7です。

 

アトピー性皮膚炎の方は、この割合が崩れて、人よりも多くのものを吸収してしまい、普通の人なら反応しないものにまで炎症反応を起こし撃退しようとしています。

 

皮膚の表面には、炎症が起き、赤みがかったり痒みが出たりします。

 

そして市販の化粧品の中には皮膚にとって刺激の強い成分や、体に悪い成分を使ってる場合が多くあります。そういった化粧品を使うと、人によっては余計に乾燥してしまい、かゆみが増したり、皮膚がめくれてきたりして、アトピーが悪化する時があります。

 

この一番の原因は保湿機能です。

 

保湿が出来れば基本的には、皮膚がめくれることはなくなり、乾燥しなくなるので痒みも減少します。そしてひっかくこともないので、悪化はしません。

 

バルクオムにはリンゴ幹細胞エキスが入っており、保湿機能に優れています。

 

このエキスは、皮膚表面で肌が乾燥するのを防ぐ幹細胞と同じ構造をしているので、肌の表面の保湿をしっかりしてくれます。

 

またバルクオムの成分も安全性が非常に高いです。成分の検査をしても毒素のある成分は入っておらず、人体にも悪影響を及ぼす心配はありません。

 

以上のことより、バルクオムは男性の化粧品ですが、アトピー性皮膚炎を持つ男性にとって、皮膚の保湿機能を高め、乾燥の予防を炎症の緩和を期待できるものとして注目されています。