バルクオムの効果はどれくらいで感じられるか

MENU

1ヶ月から2ヶ月くらい見ておきましょう

バルクオム

どのくらいの期間で効果を実感できるかといいますと、もちろん個人差はありますが、一ヶ月?二ヶ月です。

 

これはなぜかというと肌の構造に起因します。

 

肌にはターンオーバーという周期があり、28日で生まれ変わります。

 

そして加齢とともにこのターンオーバーがどんどん遅くなります。

 

28日で新しい細胞に生まれ変わっていたはずの細胞が、30日、35日、40日とどんどん長くなります。

 

長くなってくると、肌にくすみが生まれ、透明感のある肌にはならなくなります。
皮膚が厚くなり、老廃物が溜まっていきます。

 

この周期を考えるとバルクオムを使う場合に、どれくらいの期間使えば効果があるかというと、一ヶ月?二ヶ月ということになります。

 

バルクオムは、成分表示をしっかりしていますが、その成分はすべて安全性が高く、安全と認められているものしか使っていません。

 

その化粧品を使うと今までの化粧品とは違うので、肌が反応するかもしれません。

 

これは体には恒常性という機能が備わっているからです。

 

肌に入ってくる成分が変わっても、昨日までと同じ状態を保とうとするので、悪い成分が入っていた化粧品を使っていた場合、肌が悪いものに慣れており、バルクオムを使って肌が良くなろうとする効果を打ち消す場合があります。

 

しかし、このように数日で結果を決めるのではなく、体の恒常性が弱まり、肌が改善し始めるのが、ターンオーバーが終わった時だという意識で使い続けることが重要です。

 

さらにバルクオムはリンゴ幹細胞エキスが入っています。

 

これは肌の表面に存在する、乾燥を防ぐ幹細胞と同じ構造をしており、保湿機能を高めます。

 

基本的に赤ちゃん肌はナチュラルモイスチャーファクターと呼ばれる保湿成分が豊富で、保湿機能が高いのですが、加齢とともに保湿機能が下がっていきます。

 

この肌本来の保湿機能を高めてあげることにより、年齢を経て減少していく保湿機能を補うことが出来ます。

 

ですのでバルクオムは肌本来の潤いや、生理機能を促進するものであるということが分かります。