実年齢より若く見られるには

バルクオム

現在の日本では男性、女性ともに、自分を良く見せようとする傾向が年を重ねるにつれて低くなっています。

 

また、最近では女性よりも女性らしい男性という意味での、ジェンダーレス男子という人種が急増していますが、逆に自分の身なりに一切興味を示さない人たちが増えているのも事実です。

 

理由としては、自分の見た目をよくするよりも、趣味にかけるお金を増やしたほうが数倍良いという考えの人が増えたからです。

 

さらには、家にひきこもる人が増えている世の中では、自分自身に対して消極的になっていたり、家族以外の人と会う機会が滅多にないことから、身なりに気を使わなくても良くなったことも原因だと思います。

 

しかし、それでは同性どころか、異性に対しても印象がよくありません。

 

そして、常に意識を高めていないことにより、意識している人に比べると、同い年でも実年齢が老けて見える傾向もあります。

 

元から顔が幼い人はそこまで実年齢との差はそこまで出ないでしょうが、皆が皆そうではありません。

 

では、どのようにして若く見られるようになるかですが、特に大事なのは3つのことだと思います。

 

体型

これは、街を歩いてみるとよくわかるのですが、太っている人は痩せている人よりも息が上がっていて、体力がないように見られます。筋肉で太く見える場合はいいのですが、脂肪で太っているとどうしても実年齢よりいくらか上に見えてしまうのです。

 

顔全体の印象

これは、単純に肌にハリとツヤがあるか、そして、ニキビやニキビ痕、シミ等がないかが問題視されます。なにもない綺麗な肌と、シワがあってニキビの痕が目立つような肌では若々しさが全くと言っていいほど違います。また、肌年齢が実年齢より上になってしまうと、歳を重ねた時に後悔することでしょう。

 

身なり

これは意外と大事で、極端に言うと、腹巻をして下駄を履いて歩いている人とTPOに合った格好をしている人、どっちが年下に見えますか、と言っているようなものです。当然TPOに合った格好をしている人の方が年下に見えると思います。

 

服装や髪型を整えるのは、マナーとしてだけではなく、自分自身の印象を綺麗に見せるために大切なことだと思います。

 

実年齢を若く見れらるにあたっての特徴は基本的にこの3つだと考えています。

 

最近は男性でも日々スキンケアに時間をかけるひとが増えてきました。メンズコスメという分野の商品が増えてきていますが、その中でもバルクオムがおすすめです。